女の人たち

思春期には辛いニキビ跡は治療で治せる時代に突撃

ほくろを取るには

施術

まずはカウンセリングを

顔や目立つところにできたほくろは気になるものです。そもそもほくろはメラニン細胞の集まったもので、紫外線の影響を受けて濃くなったり増えたりします。そのため顔や首など紫外線を多く受けるところにできやすいのです。一度できてしまったほくろは何らかの方法で除去しなくては、ずっと残ります。もしコンプレックスになってしまうようなほくろであれば、ほくろ除去を考えるのも一つです。ほくろ除去には様々な方法があります。またほくろの形や大きさによっても適した方法が違いますので、まずはしっかりとカウンセリングを受けましょう。ほくろ除去は、美容外科や美容皮膚科、病院の皮膚科などで行えます。現在の主流は医療レーザーによるほくろ除去です。

レーザーが主流

医療レーザーを使ったほくろ除去のメリットは切開してほくろを取るのと一緒に止血も行え跡がほとんど残らないことです。ピンポイントでほくろだけを除去することができるため、周りの健康な肌への刺激が少なく済み、小さなほくろであれば1〜2週間ほどで治療跡もほとんどわからなくなります。さらに、平らでふくらみのないほくろにはQスイッチレーザーというレーザーでほくろ除去が行えます。これは、メラニン色素のある細胞のみに反応するレーザーですので、跡も残りづらく手軽に治療が受けられます。ただ、レーザーでの治療はほくろの根が除去しきれない場合もあります。根が残っているとまた同じ位置にほくろが再発してしまうことも考えられます。そのため、その後の保証の設けられている病院を選ぶのも良いでしょう。